27日、東京からはるばる山田征さんにお越しいただいて、"自然エネルギーの真実"についてお話を伺いました。

 

山田征さんは、今から40年近く前、まだ"有機農業"という言葉が世に出てくる前から学校給食を食べる子どもたちを、農薬や添加物の多い食品から守るために、自ら土に触れ活動されてきた方です。

その他にも、併行して反原発運動や沖縄の空港問題など様々な活動を続けてこられました。

最近は、今回の講演の趣旨でもある"自然エネルギーの真実"について全国各地を回られているとのことです。

 

今回のお話は、ひとりでも多くの方々に知っていただきたい内容ですが、ここで書きつくすことはできない程盛りだくさんの中身の濃い内容でした。 お話はとどまることなくみっちり2時間に渡りました。

 

まず、「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」という言葉に代表される流れは、最近ではエコロジストのみならず、

一般にも普及し、原発に代わる代替エネルギーとして誰もが信じてやまない大きなうねりですが、

これは東日本大震災前、民主党政権になる前の自公政権時代から経済産業省が仕込んできた国策に他ならず、

実態は、その言葉とは裏腹に、「自然負荷エネルギー」であるという事実です。

その目的は・・・そう、GDPを押し上げるための政策です。

 

なぜ自然エネルギーと言われる「風力」や「太陽光パネル」が自然に負荷をかけるものであるか、ということは長くなってしまうので、ここでは簡単に説明します。

 

まず、太陽光パネルは、大きく分けてパネル・インバーター(変換機)・バッテリーの部品が必要ですが、それらの製造には大量のエネルギーが必要であるにも関わらず、その耐用年数は5~20年程度ということ。

つまり、後々には大量の産業廃棄物(危険物)が生まれてきます。 

因みに、15年後には500万枚のパネルがゴミとして出てくる試算があるようです。

そして、メガソーラーなどを設置する場合は、その地の除草のために、大量の除草剤が蒔かれ、土壌や水を汚染していくものであるということ。

 

次に、風力発電。 風車を建てるためには、一基作るだけで10トントラック×740杯以上の土を運び出し、代わりに2000トン以上のコンクリートで埋め立てる必要があります。

更に、そのためにトラックが往来するための道を山を切り拓いて建設する必要が生まれます。

これは確かにGDPを押し上げていく格好の材料になりますね。

そうして建てられた風車は、風の力だけで動いていると思われがちですが、実は信じられないことに外部電源(火力など)の助けが必要だということです。

 

 

では、原発をやめたら"代替"エネルギー"はどうするのだ??!!

という意見が当然でてきますが、実は代替エネルギーなどなくても全く問題ないのです。

 

その理由は、そもそも原発を作る際には、原発が天災などによって緊急停止した時に備えて、原発の出力と同じ出力をすぐに出せるように、バックアップとして火力発電が用意されているのです。

つまり、原発建設には火力発電建設がセットになっているということ。

だから、原発などなくても、代わりの風力や火力がなくても全く問題ないということです。

 

まだまだ書きたいことは沢山ありますが、長くなってしまうので、このくらいにします。

「原発の代替エネルギー=自然エネルギー」という図式は、経済成長のために、全くもってムダなことを推し進めるために国民を巧みに欺き、人間以外の生き物たちのいのちを次々と削り取っていく政策に他ならないわけです。

人間以外の生き物たちのいのち、とは、つまり、人間のいのちそのものなのだ、ということにそろそろ気づいてもいいと思いますがいかがでしょうか?

 

改めて、情報を鵜呑みにすることなく、自分で感じて、考えて、政策に流されることなく、「未来から預かりしもの」として、この地球を守っていく責任を感じました。

 

東京からお越しいただいた山田征さん、そして、征さんと繋いでいただいた江口晶さん、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

今年一発目のイベントのお知らせです^^

 

3.11以降、自然エネルギーへの転換が叫ばれています。

しかし、その自然エネルギーも、もし人間にとっても、自然にとってもよくないものだとしたら・・・?

実は「原発⇒自然エネルギー」という構図も、"経済成長"の名の下に図られているものであって、

ちっともエコなエネルギーでもなんでもない!としたら・・・?

 

私も当然原発は即刻止めるべきと思うので、そうなれば「自然エネルギー」を

推進していくことが必要だと「盲目的」に信じていました。

しかし、ある方から山田征さんのDVDをお借りして、それはとても危うい判断だということを知りました。

これはひとりでも多くの方に知っていただきたいと思い、東京からお呼びしてお話しいただく

ことにしました。 山田征さんにも快くお引き受けいただきました。

私たちはこれからどう暮らしていけばいいのか? そんなことも考えられるいい機会になると思います。

 

現在、土岐市にある「核融合科学研究所」で進められようとしている、"重水素実験"に関する

お話もしていただけるとのことです。 難しいお話をわかりやす~くしていただけると思います。

これも、決して土岐や多治見だけの問題ではなく、国民がこれから何を選択していくのか、

とても大切なポイントになる問題でもあります。

 

***山田征さんプロフィール***

1938年生まれ。東京都武蔵野在住。 4人の娘たちの子育てと共に、農家と直接関わりながら共同購入レストラン「みたか・たべもの村」をつくる。並行して、40年以上に渡り、合成洗剤、農薬、食品添加物、沖縄の空港問題などさまざまな活動を経て、現在は、隠された真実を知る勉強会"菜の花会"を主宰し、全国各地で講演活動もしている。    著書:「ただの主婦にできたこと」・「山田さんのひとりNGO」(現代書館)ほかグループ「かかしの会」を約20年、地元の学校給食に有機農産物を約17年に渡り搬入。仲間と共に

 

会場は2箇所です。

【午前の部】(とは言っても午後まで続きますが)は、恵那にあるとても素敵な

創作家庭料理のお店です^^ こじんまりとしたお店ですが、「食」と真剣に向き合っていて、

食によって人を癒すお医者さんのようなお店です。

定員は20名なので、ご予約はお早めに!!

 

日にち:2013年3月27日(水)

【午前の部】 場所:PAPA@KITCHEN (http://ameblo.jp/papa-kitchen/

         時間:am11:00開場 am11:30~15:30

         料金:1,500円 (ベジランチ・フリードリンク付)

         予約:0573-26-1100 (定員20名)

 

【午後の部】 場所:ふるさと富田会館(恵那市岩村町富田1916番地3)

         時間:pm7:00~21:30

         料金:500円

         予約:不要

 

問合せ: 恵み自然農園 長江賢太郎

      岐阜県恵那市岩村町富田3032-86

      TEL;090-9198-2383

LABO MARKET 終わりました。

夏のこどもキャンプ以来のイベント “LABO MARKET”。

 

12月にこの極寒の地 岩村でイベントなんてお客さんどころか、出店者もこない!

という心配もどこ吹く風、愛知・岐阜・三重から20店を超えるたくさんの出店者さんに集まっていただき、とてもとても楽しいイベントになりました!

 

農園の家の中も外も使って、出店者さんの思い思いにディスプレイされた空間が、

まるでいままでもそこにお店があったかのように、賑やかに交わり、

でも個性を保ちながら存在している様子が、より一体感を増し全体を豊かなものにしていました。

まさに、今回のテーマである“多様な価値観”をうなずける場になったのではないかと思います。

 

そして、何より出店者さんが同じ場所で、同じ時間を共有し、

交流することによって、多くの繋がりが生まれたことは、何よりも大切な宝物になったのではないでしょうかshine

個人的にもたくさんの方と話もでき、多くの刺激をいただきました!

 

途中には、仲間のギター&ジャグリングの即興があったり、

三線やウクレレを演奏しにきてくださる方がいたり・・・とお客さんによって企画がさらに彩り豊かになる、という場面も。

 

イベントの締めくくりは、氷点下の野外上映会、「カンタ!ティモール」。

真っ暗な空のもと、焚き火のパチパチと弾ける音の中で、

i-beans worksの稲垣さんのいれてくれた美味しいホットコーヒーを片手に

切なくも温かい映画を仲間たちと鑑賞したこの時間は、本当に素晴しいものでした。

 

 

オーマルシーラ  オーウルシーラ

星降る島に 夜が明ける

オーマルシーラ  オーウルシーラ

みんなの願い 大地と共に   ♪

 

 

映画のあと、小雪がちらつく中、「カンタ!ティモール」事務局江口さんの弾き語りに、

一同がぬくもりに包まれながら、明日のために一日が終わっていくのでした。

 

 

今回のイベントに関わったすべての方々、本当にありがとうございました!

みなさま、ぐれぐれもお体に気をつけて、よい年末をお過ごしください^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ岩村では、昨年より2週間も早く霜がおり、

足音もなくいっぺんに冬がやってきました。

 

最近は朝も冬らしくシンとした感じで、ゆっくりと一日が始まります。

周辺の家の軒先には、干し柿や大根が吊り下がっていて、冬を感じさせてくれます。

 

今年の柿は不作で、昨年のようにたくさんはできませんでしたが、

農園でも少しだけ柿を干してみました。

 

さて、そんな寒さが名物の岩村で、それも12月に入ってから、イベントを開催することになりましたsign01

 

名古屋の仲間からのお誘いを受け、あえてこの極寒の地でやろう!ということになったのです。笑

農園で、マーケット&焚き火&野外上映会&おしゃべり会をします。

その名も「LABO MARKET in 恵み自然農園」!! イベントテーマは“さまざまな価値観”。

 

マーケット出店はぎりぎりまで受け付けていますが、すでにたくさんの方々に出店していただくことになっています!

どのお店もとても魅力的で、バラエティに富んでいて、楽しいマーケットになりそうです。

 ※11/16現在の出店リストを下段に掲載しています。

 

そして、あまりに寒いので、田んぼで焚き火もしますよ!

みんなで火を囲んで身も心も温まりたいと思います。

 

上映内容は、「カンタ!ティモール」(http://www.canta-timor.com/) ※HPに動画予告もあります!

東ティモールの紛争の歴史は記憶に新しいですが、

身近な人をたくさん失い、傷ついた人々が、

過去を過去のこととして、今を強く生きようとする姿がとても美しく描かれています。

また子供たちが音楽によって、心を解放していく様子も、観ていてとても勇気づけられます。

 

また、予告の中にも出てきますが、

「平和は 演説じゃない 政策なんかじゃないんだ 平和とは、暮らしそのもの」

とは、いま私たちが考え直さなければならない原点だと思います。

ぜひ「野外で」ご鑑賞ください。笑

 

上映会後は、写真家の直井保彦さん(映画監督のお兄さん)が、

ご自身で撮影した東ティモールの写真を交えながらお話をしてくれます。

みんなで輪になって語り合うことができればと思っています。

 

岩村は本当に寒いところなので、くれぐれも防寒をしっかりとしてきてくださいね^^

みんなで、一日のんびりと温かい一日にできたら・・・と思います。

ぜひご参加ください!!

 

日時:2012年12月8日(土) 10時~マーケットOPEN  17時~上映開始

 

参加費:映画を鑑賞される方のみ、1000円   出店される方は+1000円

 

出店希望者はメールにてご連絡ください。  メール:megumi_natural@yahoo.co.jp(恵み自然農園 長江)

 

【12/6現在の出店者一覧】

・『i.Beans-Works』
スペシャリティーCoffee専門店
http://www.i-beans-works.com/

・『SCHORN』
今回は薪ストーブメンテの達人ショルンの西川さま
が焚き火をプロデュース!!!
http://blog.schorn.jp/

・『studio it』
こだわりのレザークラフト!!!
http://www.facebook.com/pages/Studio-it-レザークラフト/100766570083637

・『harucoco』
近藤あけみさんの手織り
人気ギャラリーのオーナーだけありセンスは間違いなし!!!
http://ameblo.jp/cocorolife/

・『tash』
おうち暮らしを楽しむ生活
女性による繊細な手づくり革商品
http://tash1027.blog77.fc2.com/

・『atelier prunier』
色鮮やかなステンドグラスは魅力いっぱい
http://atelierprunier.blog.fc2.com/

・『poco』
 布と編み物の雑貨たち
一点一点手づくりのあたたかい作品です
http://ameblo.jp/8989pecoco/

・『IRIE COCO』
古着&デニムなどを組み合わせた数々のアイテム♪
http://ameblo.jp/iriecoco/

・『和の花』
多肉植物や季節のアレンジ♪
普段はお花の先生で大活躍です!!!
冬にぴったりを見つけましょう♪

・『きもの美人秋田さん』の
ドリームマップワークショップ!!
秋田さんの自己紹介はこちら♪
http://www.city.ena.lg.jp/teiju/jissen/akita/

・『カフェグリーンプル』
こだわりのクレープが食べられるかも
http://greenpul.holy.jp/

・『人々』
 デリカテッセンとカフェ
愛知県半田市のこだわりカフェ
http://hito-bito.com/

・『木の甘み』
こだわりの焼き菓子
普段はラッピングの先生でもある竹林さんの
つくる焼き菓子はお楽しみ♪

・和ごころお菓子『黒紫商店』
今回がイベント初出店のお店です
和の食材を生かしたお菓子を是非♪

 

・『早川農園』
恵那の地で自然農を営む農夫
加工品やお餅?など!!

 

・『ひのくら釜』
書家でもあり、詩人でもある陶芸家
味わい深い作品をじっくり堪能してください

 

・『夢路窯』
手に取るとじんわりと温かみを感じる作品です!
http://yumejigama.web.fc2.com/gallery.html

 

・『うり白』
美しい家具や生活道具を作ってみえます!
http://urijiro.com/

 

・naturehome
バンブー&オーガニックコットン
住み心地のいい服です!!!
素材もセンスも光ってますね〜
http://www.naturehome.jp/

 

・『BULE WATER』
ナチュラルビューティーセラピスト竹本さんによる
アロマせっけんとお香づくり&ハンドとヘッドの
マッサージも!!!
http://katy.jp/blue-water/

 

・Cafe de UN Daniel's
日本チャンピオンの作り出すCoffeeは
是非お試しください♪
http://www.facebook.com/cafedeun.d

・もりのいえ
中津川で自然をこよなく愛する方々
ブログhttp://maasan.blog19.fc2.com/
ネットショップ http://morinoie.shop-pro.jp/

 

・『藤田真理』さん

 かわいい木のアクセサリーをご自身で造って見えます^^

 

・アーユルヴェーダ&リラクゼーション『chandni(チャンドニ)』

インド式マッサージとリラクゼーションマッサージで、心身共にリラックス

※恵み自然農園の元共同運営者小森さんがプロデュース!

 

・『恵み自然農園』
http://www.natural-farm.info/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

311から早1年と1ヶ月が経とうとしています。

この例年に増して厳しい寒さが続いた冬、仮設住宅での過酷な生活を

余儀なくされる方々、特にお年寄りの方々のことを思うと、切なくなります。

 

さて、先月の3月16日の夜から、仲間が再び被災地を訪れ、活動をしてきてくれました。

私は行けなくなってしまい、前回の唐桑支援メンバーの4人(くうちゃん・ペッパー・まきちゃん・

マンボー)と恵みボランティアチームの主力選手近ちゃんとその友人を含めた

6人が今回の参加メンバーです。

その時の様子をペッパーが記事にしてくれたので、ご紹介しますconfident

 

*************************************

ペッパーです。 レポート遅くなりましたが・・・。
先日、といっても1ヶ月前になりますが東北支援から戻ってまいりました。

前回、とてもお世話になった牡蠣養殖業の畠山さんから、3月に養殖復興祭をやりたいと言うのを聞いていて、「その時は絶対手伝いにきます!」と約束をし、毎日復興祭の日程が決まるのを今かいまかと待ち望んでいました。

そして待ちに待った復興祭!
恵み自然農園の〈けんけん〉は残念ながら今回不参加でしたが、この復興祭でたくさん働いて前回の恩返しをするぞ!との思いで行きました。

ところが実はこの復興祭は養殖再開の力になってくれた人たちへ向けて、唐桑の畠山組合長はじめ、県漁協唐桑支所が企画してくれた復興感謝祭でした。

【畠山正則組合長】

HP用写真1.jpg


唐桑半島は2010年のチリ地震でも津波の被害を受け、やっと再開し始めたところに昨年の東日本大震災。
前回のレポートでも書いてありましたが、壊滅的な被害で、一時は漁師さんの中で養殖業を諦めるムードが漂ったそうです。


その時、畠山さんが「漁師が海に出ないでどうするんだ!」と立ち上がったところ、
本来ならばライバルである広島の牡蠣養殖業の人達が牡蠣いかだを作るために駆けつけ、一口オーナー制度では2億円を超える多額の支援があり、また北海道やフ ランスからも牡蠣の稚貝を分けてもらい、全国からはたくさんのボランティアが集まり、みんなに元気と勇気を貰い再開に漕ぎつけることができました、とおっしゃっていました。


今回は、それら多くの支援に感謝の意を込めて、無事収穫をすることが出来た気仙沼のカキ、ホタテ、ワカメを食べてもらおうという催しでした。 

当日は設営、片付けや、お祭り中も受付や駐車場の案内のお手伝いをしつつ、振舞われたのは焼き牡蠣(何と5000個!)、ホタテ(ホタテは3000個!!)、わかめのしゃぶしゃぶ、牡蠣ご飯、牡蠣鍋と三陸自慢の豪華海産三昧。
「みんながどんだけ食べても切らさないくらい用意してあるから!たくさん食べてって!」と畠山さん。

【ホタテ3000個!】

HP用写真4.jpg

【じゃんじゃん焼いてくれたカキ】

HP用写真9.jpg

今日は遠慮することなく、たくさん戴こう!と心に決め、「おなかいっぱい」と言う言葉を封印して、
「ねぇちゃんどうぞ!」の言葉に何度もおかわりし、本当に本当にたくさん戴きました。

牡蠣もホタテもすっごくぷりぷり!はじめて食べた生ワカメはコリコリしていて、本当に本当においしい!!!
漁師さんの思いと愛情がたくさんこもっているんだなと実感しました。


【RQ唐桑代表の星野さんもこの日はたらふく食べていました☆】
 

HP用写真2.jpg

【旨しは幸せ】(マンボーとくうちゃん)

HP用写真3.jpg

グルメレポートばかりなので、一応報告しますと・・・

1日目は2班に分かれて新しくボランティアの活動拠点となる民家の掃除、同じく津波で被害を受けた小屋の解体、もう1班は牡蠣復興祭のための食材の準備やお祭りに出すためのカキやホタテをきれいにするお手伝いをしました。


海岸沿いの道はまだきちんと舗装されていない場所もあり、満潮になると道が水浸しになってしまう場所もあるそうです。

畠山さんが言っていましたが、今回震災を受けた中で一番養殖業の復興が進んでいるのが唐桑との事ですが、それでも本当の復興はまだまだで震災前の状態に戻すにはあと何年もかかるそうです。

復興感謝祭では大漁唄いこみと言う漁師さんの唄を披露して頂き、元気と笑顔に溢れ伝統ある唐桑は素晴らしいところだなと改めて感じました。


【笑顔いっぱいの漁師さんたち】

HP用写真6.jpg

今回含め今までに恵みボランティアチームで4回支援に参加させてもらいました。
現在では清掃や撤去作業、物資の支援はほぼありませんが、今回のようなお祭りに参加して微力ながらも盛り上げるのも支援のひとつなのかなと思いました。

〈ペッパー〉

**********************************

 

ペッパーを含め、支援に行ってくれたメンバーのみなさん、お疲れ様でした。

読んでるだけでお腹がいっぱいになりました。 なぜか口は寂しいけど・・・笑

まだまだ私たちにできることは沢山ありますね。

これからも、何らかの形で支援を続けていきたいと思いますsweat01

ペッパー、報告記事どうもありがとうwink