"暮らしを味わう4日間 ~空と畑とわたし~" 2014年8月21~24日

今年も大人のフリーキャンプを開催します^^

スタッフ4人でタイトルを考えましたが、「暮らしを味わう」という言葉がその場にひょっこりと浮かび上がり、

これしかないね!という具合に意外にもあっさり決まりました。

このキャンプが参加していただく皆様にとって「非日常」でありながらも、

ふだん当たり前に過ごしている「日常」を相対化し、暮らしのあり方、ひいては心の在り様まで

じっくりと見つめなおす機会になれたらいいな・・・・というスタッフの願いが一致したからです。

スタッフはなんと東京・大阪から駆けつけてくれます。

以下、このキャンプの呼びかけ人「ひで」こと和田英久の暮らしの言葉です。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『暮らしを味わう4日間〜空と畑とわたし〜』

「暮らしを味わう」ということに、魅かれる自分は
きっといま暮らしを「味わえてない」という感じがあるのだと思う。
慌ただしかったり忙しかったり
今、目の前にあることとていねいに向き合えてない感じがある。

その感じに気づきつつも、なかなか変えられない自分がいて、
子どもといるときに特に
「いや~ほんとだったら、いまこれしたいなぁ、あれしたいなぁ」
などが出てくる。
食事の時にもそれは結構出ていて
食事作るのもいかにあるもので早くつくるかになっている。 

先のことを考えて今どうするかという癖がついていて、
今、目の前にある事じゃなくて
先のことに自分があって、いまここにはいない感じ。
そのことを僕は気になりだしている。もったいないなぁと思う。

どうすればいいって答えは浮かばないんだけど、
もう少し目の前にいる人であったり
できごとであったり
食べ物もそうだけど
もう少し暮らしの中で「今、ここ」を、ていねいに味わってみたい。
そうすると何が起こるのかどんな感じになるのか。
見てみたいなぁという感じがする。 

「暮らしを味わう4日間」では
日常の慌ただしさから少し離れて
決められたプログラムなどはあえて用意せずに
恵み自然農園に集った方たちと暮らしをつくっていきたい。
そして、その暮らしをていねいに味わいたいと願っています。
ご縁ある方との出会いを楽しみにしています。 

                      ひで/和田英久



日 程:2014年8月21日(木)集合13:00〜24日(日)解散15:00 3泊4日

場 所:恵み自然農園(岐阜県恵那市岩村町)
    ※最寄り駅:明知鉄道「極楽駅」(駅〜会場の送迎あり)
    ※名古屋駅より約1時間半(JR中央線恵那駅乗り換え)。お車での来園も可能です。

参加費:39,000円(参加費・食費・保険代等含む) 

定 員:10名

内 容:
◆ミーティング・・・1日の活動が始まる前に、全員で困っていることやみんなに
シェアしたいことその日何をしたいかなどを話す時間です。
◆フリープラン・・・予め決まったプログラムはありません。それぞれがそのとき時に
やりたいことに取り組みます。このフィールドならではのプランも提案します。
 たとえば、早朝は田園風景の中をお散歩、午前中は自然農法の畑で農作業したり、
昼間は川遊び・沢登り・お昼寝、夜はのんびり星空の下で焚火を囲みながらのごはんなど。
遠くの山並みを見ながらの深呼吸、青空に続く坂道に寝っ転がったり、何もしないことも
ありです。

<お申し込み・お問い合わせ先>
恵み自然農園 長江 megumi_natural@yahoo.co.jp
※次の事項(氏名・住所・電話番号・メールアドレス・生年月日(保険手続きの為)
・やりたいことなど)を上記メールアドレスにご連絡ください。

スタッフ紹介 
ひで/和田英久  

  聴くこと・起こることに関心あり。感じたことを大切にする暮らし方を求め、試行錯誤の真っ最中です。 農園でお会いしましょう!


けんけん/長江賢太郎(恵み自然農園)

  煩雑な日常から離れ、携帯の電源はOFFに。そして普段当たり前のように身につけている着ぐるみも脱ぎ捨て、肩書きなどの角質をきれいさっぱり振るい落とす。その時みえてくるものにワクワク^^ そんなキャンプであったらいいな。


なっちゃん/小林直子(fence works)

  私は、自然の中にいる時間が好きです。自然の生き物たちは目的なんかもたず、ただ生きている。だから、私も、そのまま、その瞬間を生きていけばいいんだと思える。だから、毎年、恵み自然農園に行くのがとても楽しみなのです。

けんちゃん/小林健司(fence works)

相方のなっちゃんかからご縁をつないでいただき、今年は僕もご一緒する事になりました。下見のとき、ハッピーさん(犬)と散歩しながら見た夕日がきれいでした。次に行ったときもまた同じように夕日を見たいと思います。



《恵み自然農園とは》
“自らの営みを通して、未来への希望をつくる”ことを理念に、
岐阜県恵那市で開園して今年で5年。
田んぼに囲まれた一軒家で、アイガモやミツバチ,犬
などと共に自給自足を目指して暮らしを紡いでいます。
農園のある岩村は、城跡の残る歴史ある町であり、
田園風景の広がるところでもあります。
ふだんお米や野菜づくりをする傍ら、
フリーキャンプやワークショップなどのイベントを展開中。
来園していただいた方と一緒にゆったりと過ごせたら嬉しいです。
http://www.natural-farm.info/)