"オーロラが私たちに語りかける すてきなメッセージ" 2013年10月22日

  

 

 

    『手が届きそうな天上の輝きは、何万年前、何億年前の光が、やっと今たどり着いたという。無数の星々がそれぞれの光年を放つなら、夜空を見上げて星を仰ぐとは、気の遠くなるような宇宙の歴史を一瞬にして眺めていること。

が、言葉ではわかっていても、その意味を本当に理解することはできず、私たちは何かにひれ伏すしかない。

じっと見つめていた北の空に、ボーッと一条の青白い光が現れ、やがてゆらゆらと揺れ始めていた。祈るような気持ちで待っていたぼくは、山小屋にいる子どもたちを呼んだ。』

 

  

(『旅をする木』星野道夫著)

 

 星野道夫さんのこんな文を読んでは、アラスカの夜空に思いを馳せるのは私だけではないでしょう。

夕日で真っ赤に染まる山々を眼前に、自然の織りなすその美しさに心満たされることが度々あります。

しかし、極域でしか見られない「オーロラ」への憧憬もまぎれもなく存在し、未だ満たされることなく自分の心の中に息づいているのも事実です。

 

   今回とあるご縁から、全国各地でオーロラや星々、極北の自然を特殊映像で上映しながらアラスカの自然が語りかけるメッセージを伝えて廻られている“オーロラメッセンジャー”中垣哲也さんに岩村へお越しいただくことになりました。

 

この機会にひとりでも多くの方々とこの悠久の自然を味わうひと時を共有したいと思います。 ぜひご参加ください。

 

** 中垣さんウェブサイトも是非ご覧ください ⇒ http://www.aurora-dance.com/

 

 

【日時】2013年10月22日(火) 

18:30開場 19:00開始 20:30終了予定

 

【会場】田中建築モデルハウス

     〒509-7401 岐阜県恵那市岩村町飯羽間2275

 

【参加費】1,200円  定員30名(予約制)

 

【内容】太陽活動絶頂期に見られた元気いっぱいのオーロラなど、たっぷりと極北の夜を

楽しんでいただきます。極北の大自然と向き合う中で感じ温めてきた、地球や日本への想いを語っていただきます。

 

【ご予約・お問合せ】090-9198-2383(長江)

          megumi_natural@yahoo.co.jp

 

【主催】恵み自然農園